日暮ロゼという生命体によるdrdrgdgdブログ。たまに絵をうpったりとか。     因みに「しーたろーず」って読みます。

そういえば今月中ごろに
しぶ更新してます。
ついったのログです。
ほとんどクローザーズです。
気が向いたら見てね(/・ω・)/
スポンサーサイト

【2017/07/29 12:35】 | 【絵】CLOSERS
トラックバック(0) |
ぴくしぶのブログパーツ、なくなるそうですね。
どれのことだ…
フリーエリアにあったやつなら
撤去しといたけど、
記事に使ってるやつだったら
結構使ってるから
撤去とか無理だぞ…?(; ・`д・´)

そんなわけで
フリーエリアに書くこと
特に何もなくなっちゃったんだよなぁ

ついでにブログの更新内容も
特にないんだよなぁ。

多分近いうちに版権ログとか
しぶにうpるかもです。

【2017/07/08 12:42】 | 無駄話
トラックバック(0) |
遅いにもほどがあるお知らせですが
リクエストボックス設置しました→

版権キャラでもうちの子でもおkです。
英語や韓国語も機械翻訳で頑張るので対応します。

R指定モノは作業環境上の理由で
描けないと思います。すいません(;´・ω・)
CPモノも多分大丈夫です。
ただしBL・GLはぷらいべったー行きになると思います。
というか普段BL・GLなんて描かないから
あんまり期待しないでください。

注文多くてすいません。

【2017/06/15 22:40】 | お知らせ
トラックバック(0) |

ハッピーバースデートゥーミー
ハッピーバースデートゥーミー

ついったでいろんな方から
お祝いリプいただきました。
ありがとうございましたヾ(*´∀`*)ノ

ところで
閉鎖ズのユリと誕生日が同じだと知ったときは
「ようやっと同じ誕生日のキャラ晒す系のタグのネタができた…!」と
思いましたね(ついった脳)

【2017/05/17 21:45】 | 【絵】CLOSERS
トラックバック(0) |
閉鎖ズのエイプリルTSの説明文を機械翻訳したので
それをここにのせようかなと。元ページ→
完全に自分用です。
※キャラ名とか一部勝手にローカライズしていたり意訳しているところもあります。
スラッシュ(ナターシャ)
身長:154cm
血液型:A型
趣味:読書、ファンシーグッズ集め
スラッシュは位相力強化手術を受けた人工位相能力者だ。
強力な戦闘本能を持つ彼女のことを、人々は制御不能のチワワと呼ぶ。
紛争地域で傭兵として過ごしていた彼女に、ある日意外な任務が下される。
「ハァ?このスラッシュ様に学校に潜入しろって言うのか?」
オオトリの私立翔凰学園高等学校に潜入することになった彼女。
果たして、彼女の前には、どんなラノベ的日常が待っているのだろうか!?
そして、学校を狙う謎の包帯女の正体は――!?

ラオビア(ラオビア)
身長:210cm
血液型:覇王のZ型
趣味:訓練、かすかな記憶の中でこだまするように聞こえてくる歌を追うように口ずさむこと
20XX年、オオトリは未曽有の禍に包まれていた。
災いが終わったとき、文明都市の姿は消えていたが、人類は滅亡していなかった。
生き残った人達がどうにか年を復興させようとする中、
アィビスクィーンのライダーであるライナ=イクルミを筆頭とする
暴走族・シューティングスターが略奪に略奪を重ねていた。
そんなシューティングスターの前に、一人の華奢な少女が立ちはだかる。
「貴様らに名乗る名など……ありません」
不可思議な武術を駆使してシューティングスターを制圧する少女。
しかし、そんな少女に待っているのは、凄まじい出生の秘密だった。
「オオトリがこんな風になったのは…我の力が暴走したからだというのか…!?」
己の持つ強力かつ破壊的な力に苦悩しつつも、
貧しい人々を救うために戦う世紀初めの救世主・ラオビア。
今、世紀初頭の救世主の伝説が始まる――!
(レヴィアのとこだけTSしてなくない……?)

ハーピー(ハーピー)
身長:190cm
血液型:AB型
趣味:高い所に上ること、賭け事、射撃
伝説的な怪盗・プロムナイト。
その正体は驚くことに、カジノでバーテンダー兼ディーラーとして働いていた一人の青年だった。
長年の窃盗行為の末にとうとう捕まってしまったプロムナイト。
しかし、彼を捕まえたユニオンは、彼に意外な提案をしてくる。
「へぇ?この私に…盗みを依頼するんですか?」
悪の企業ヴァルチャーズが秘密裏に開発中の人類滅亡兵器の情報を得るために、
プロムナイトは再び夜空に舞い上がり、夜空は再び彼のモノになった。
「怪盗プロムナイト参上。アナタの心は、既に私のモノです」

ティナ・F・ガジンスキー(ティナ F ガジンスキー)
身長:183cm
血液型:人工血液V-3型
趣味:銃の手入れ、冷蔵庫でキンキンに冷やしたウィスキーを飲むこと
ティナ・F・ガジンスキーは、紛争地域を転々としていた伝説的な傭兵だった。
しかし20年前、人類の運命をかけた<紅き死神作戦>で、
作成を成功させる代わりに自らの命を犠牲にする。
しかし、彼の強さに目を付けたテロ組織が、秘密裏に彼の遺体を入手、
半分人、半分機械の状態で蘇らせてしまう。
最初はテロ組織の操り人形として活躍していたティナ・F・ガジンスキーだったが、
<紅き死神作戦>にて自分に訓練させられていた少女新兵・トレイニーとの再会を通じて、
それは過去の記憶となる。
そして、自分を蘇らせたテロ組織を壊滅させることはもちろん
世界の平和のためにもう一度人類の敵と戦うことを決意する。
「ちょっと冷蔵庫の中からウィスキーを出しても良いかね?」

バイオ(バイオ)
身長:176cm
血液型:O型
趣味:ショッピング、恋愛小説を読むこと
バイオは、悪の大企業ヴァルチャーズの相続者だ。
ヴァルチャーズの御曹司である彼は、昼には悪の大企業の相続者として悪徳放蕩な振る舞いをする。
しかし夜になると、ひそかに大剣を持ってヴァルチャーズの腐った幹部たちに復讐したり、
ヴァルチャーズに弾圧される市民たちを救う英雄に変わる。
そんな彼を補佐するのは、専属メイド・ハイジ。
お坊ちゃまを過度に慕う主バカなメイドだが、仕事だけは華麗にこなす彼女とともに、
バイオは今日も悪の大企業と戦う。
「ハイジ!また僕の就寝中に無断で部屋に入って盗撮しましたね!?今日という今日は許しません!!」
……そして、ハイジとも敵対し、戦う。


追記を閉じる▲

【2017/04/22 10:52】 | 翻訳
トラックバック(0) |